リベルタサッカースクールは全国約1,600スクール、約25,000人のお子様が通うサッカースクールです。

子どもたちの「ココロに体力を。」というスクール理念で技術指導はもちろん、
人間性を育てるスポーツ教育を提供しています。

「認めて、褒めて、励まし、勇気づける」の指導方針のため、
もっと上手になりたいというお子様はもちろん、
スポーツが未経験なお子様や運動が苦手なお子様でも安心して始めることができます。

リベルタサッカースクールは未来を担う子どもたちと保護者の皆様を応援します!

MOVIEリベルタサッカースクールとは?

リベルタサッカースクールについて動画で紹介します。

Features子どもを育む5つの特徴

  • 負担は一切なし

    お茶くみ当番や祝勝会などの保護者様の負担となるようなことは一切ないのでご安心ください。

  • 3歳~12歳なら
    だれでも参加可能

    初めての子、スポーツに自信がない子、内気な子でも大歓迎!

  • 技術指導はもちろん!
    人間性を育てる
    教育方針

    技術指導だけでなく、子どもたちの自立心、協調性、マナー・礼儀、コミュニケーション能力などの人間性を育てます。

  • 当スクール独自の
    研修を受けた指導員

    「安全」「教育」「指導」の研修を受け、責任を持った指導員です。

  • 指導員直通の安心のサポート体制

    お子様の悩みや疑問についても担当指導員や当スクール本部にメールや電話でご相談することが可能です。

visionスクール理念・指導方針

スクール
理念

子どもたちの「ココロに体力を。」

子どもたちの「ココロに体力を。」という理念のもと、技術指導はもちろん、
挨拶・礼儀、リーダーシップ、協調性、自己管理力、課題解決力などの
社会で必要な非認知能力を育てます。

指導
方針

認めて、褒めて、励まし、勇気づける

子どもたちを「認めて、褒めて、励まし、勇気づける」ことを基本方針としています。
スポーツを通して学ぶことのできる『教育』をご提供いたします。

  • 認める

    子どもたち一人ひとりの個性を認め、子どもたちの言動や決断を決してむやみに否定しません。

  • 褒める

    『達成できたことを褒める』、『内面的な良さを発見し褒める』ことで自主性を育み、子どもたちが主体的に取り組む環境作りを大切にしています。

  • 励まし、勇気づける

    子どもたちのチャレンジを大切にしています。子どもたちの成功体験を積んでいきます。

マンガで分かる!サッカー教室

Dataデータをもとに
子どもの内面的成長を育む
「みらぼ」

これまで挨拶やリーダーシップ、協調性などの非認知能力の測定は感覚的な判断に頼っており、
難しいとされてきましたが、スポーツ心理学の専門家と共同研究を行い、非認知能力の視える化を実現させました。
スクール独自の測定システムで子どもたちの内面的成長をデータ化し、
感覚的な判断に頼ることなく、子どもたちの成長をサポートします。

スクール独自の
システムで自動測定
46,000名以上の
子どもたちの
成長を視える化

「みらぼ」についてはコチラ

about usリベルタサッカースクール
について

ban
  • MESSAGEアドバイザーである城 彰二氏からメッセージ未来を担う子どもたちへ

    夢や目標に向かって努力することの
    大切さを伝えていきたい

    リベルタサッカースクールを通して、共に人間力を育みましょう!私も指導者として未来を担う子どもたちの成長をサポートしていきたいと思います。

    城彰二(元サッカー日本代表)

    もっと読む +
  • NON COGNITIVE SKILLS スポーツが育む非認知能力

    社会で活躍するために
    必要な能力とは

    リベルタサッカースクールでは技術指導はもちろん、礼儀・挨拶、協調性、リーダーシップ、自己管理力、課題解決力などの社会で必要とされる非認知能力を育てます。